HOME 最新作紹介 ブログ プロフィール
     
           

京の四季 -秋ー

1970年2回目の東京の個展(26歳)

この個展がきっかけで、京都の料亭に納めた後、

アメリカ5大都市に作品が納まり、1992年のニューヨークでの個展につながりました。

 

■20代の学生時代

江戸の宗達光琳の時代にのめり込んでいきました。

襖や衝立てばかりを描き、デザイン的様式美ばかりを追いかけ、建築空間の演出に興味を注ぎ、

とうとう日本画の団体、公募展等に出品する機会がありませんでした。

 

 

Copyright (C) 2006 SHUHEI TATEYAMA. All Rights Reserved.